当店では創業当時から守り続けているこだわりがあります。
 
1.生地に合わせる
2.より良い原料を使用する
3.再販はしない
4.棄てない
 
このこだわりをお客様に評価して頂き、また次のお客様を紹介していただいたり誰かへのプレゼントに使っていただいたりと、人の輪を繋げていただいて今日まで10年以上続けてきました。
ご納得いただけず、厳しいお言葉をいただくこともたくさんありました。
 
より安全で品質の良いものを作る為、これからもより一層丁寧な仕事をしていきたいと考えています。
 
お時間がありましたら、ぜひ当店のこだわりをお読み頂けると幸いです。
 
1.生地に合わせる
 
カフェから始めて、その中の1メニューだったベーグルを持ち帰りたいと相談されたことから、ベーグルと焼き菓子の専門店にリニューアルしました。
 
リニューアルの際に、発酵時間やレシピなど80パターン以上試作を重ね、日々修正しながら今の製法にたどり着きました。
もっと早く大量に作る製法はたくさんあるのですけれど、当店では選びませんでした。
 
 
美味しいものを作る為には、時間がとても重要だと考えています。
素材や生地にとってベストのタイミングがあり、見極めが大事です。
 
早く大量に作れて安価に販売できる物は、それなりのものではないかと思っています。
自らわざわざ足を運んで時間を割いて来ていただくのだから、どこでも買えるような商品を販売したくないと思っています。
 
ベーグルも焼き菓子も、いわゆる本場のものとは全く違うものですが食べやすさなども考慮して、日本人に合ったレシピがあってもいいんじゃないかと思っています。
 
この為じっくり時間をかけて、低温で寝かせる製法を採用しています。
この製法では大量に作ることが出来ないのですが、小さなお子さんからお年寄りまで、性別年齢問わず召し上がって頂けるとおもいます。
 
仕上がった製品は1つずつラッピングして店頭に出しています。
ちょっとしたお礼などにそのまま渡してもらってもいいようにと、パッケージにもこだわっています。
 
時間がかかる製法の為、明日の分を予約したいとかまとめて欲しいといった事には対応できずご不便をおかけします。
その代わり前日に、翌日の店頭販売分の取り置き注文と、4日前(休業日を除く)まででしたら事前予約も承っております。
 
美味しいうちに食べて欲しいので、ご理解いただけますと嬉しいです。
 
2.より良い原料を使用する
 
良いものを使おうとすると原料の入荷が安定しなかったり、天候や環境の影響を受けやすくなるのですが、人の口に入るものを作っているのでやはり妥協できないものだと思います。
 
すべてを最高品質な原料にしたいのですが、完全に無添加・無着色・無香料・有機栽培…などにはいろんな理由でなかなかできないものでした。
以前は中に入れるフィリングなどすべて手作りもしていましたが、続けていくことが困難になってしまったこともあります。
 
一部の原料には食品添加物が使用されているものもありますが、すべて試食し、より良いものを吟味し使用しています。
毎日必ず自らが口にし食すことで、品質のチェックも行なっています。
 
また、安心してお召し上がりいただけるよう、すべての製品に原材料や賞味期限の記載を行なっております。
 
安心・安全でより良い商品をおとどけできるように、今後も定期的な見直しを行ったり改善に努めていくことをお約束します。
 
3. 再販はしない
 
スーパーなどに入ってるパン屋さんなどでは、前日の売れ残りをまとめて安く販売したりしているのをよく見かけますが、当店では行なっていません。
なぜなら、賞味期限が短くお客様がどのようなシチュエーションで食べるかが様々だからです。
 
買い物をして長い時間持ち歩くかもしれませんし、誰かにプレゼントとして差し上げるのかもしれません。
 
酵母の持つ自然な力でのびのび発酵した生地は、温度変化などによってはカビやすくなっています。この為安全面を考慮して再販はしていません。
その日に売り切れる量だけ作るようにしています。
 
店頭の商品も、その日あるだけでその日の分は売切れたら終了です。
増産したり営業時間中に追加製造はしていません。
 
場合によってはお客様がせっかく来てくださっても売り切れのこともあるかもしれませんが、全ては召し上がっていただくお客様の安心のためだと思っています。
不便をおかけして申し訳ありませんがご理解ください。
 
4. 棄てない
 
店主は以前、チェーンのドーナツショップで働いていました。
朝早くから手作りで沢山のドーナツを作っていましたが、ある日セールの準備で深夜に店舗に入ると、ゴミ袋2つも3つも沢山のドーナツが棄てられていました。
話を聞くと、毎日同じくらいの量を廃棄していたのだそうです。
 
それを聞いてとても悲しくなりました。
ひとつずつ手作りで作っても、賞味期限を守るために最後は廃棄しなくてはならない。
閉店時間までお客様には沢山の種類から選んでもらえるようにと、不必要な数を用意し、一所懸命作っているのに閉店したら大量に廃棄する…
 
店主は食べ物を棄てるということにとても抵抗があります。
若い頃に貧しく、満足に食べられなかったこともありました。
棄てるために毎日作っているのではありません。
手に取ってくださった誰かに、喜んでもらいたくてお店をやっています。
 
日本の食糧廃棄率は、世界で一番ひどいと言っても過言ではありません。
 
ですから、毎日必要以上の数は作りません。
たくさん欲しい方には事前に予約や取り置きをしていただくことで、準備することができます。
 
面倒臭い店だとは思いますが、店主が店を続けていくためのポリシーです。
ひいては、店としての役割だと思っています。
時にはフレンチトーストやシフォンケーキなどで、賞味期限の範囲内で食材をリメイクしての販売をしますが、それもきっと気に入ってもらえると思っています。
 
見かけたら是非手に取ってみてください。
お口に合うといいのですけど…

カテゴリーから探す

メニュー